愛犬の健康とドッグフード

「ドッグフードにはこだわっていますか?」

(PR:バウムクーヘン)

ソース画像を表示

「下痢、軟便」「ひどい涙やけ」

「毛並みが悪い」

愛犬に異変を感じたら毎日のドッグフードに原因があるかもしれません。

市販のドッグフードには「穀物」「添加物」の含まれている量が多く、「栄養バランス」といった面で十分に満足できないところが多くあります。

本来犬には穀物が必要なく、市販のドッグフードは価格を抑えるため多く使用されています。

それが原因で、消化不良などをひき起こし、「下痢・軟便」の原因にもなりやすいです。

愛犬に与えるドッグフードはしっかりと選んだうえで、与えてほしいものです。

肥満にもつながる?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

成犬期、シニア期になるにつれ気になってくるのが「肥満」です。この肥満の原因んは大きく分けて二つあります。「運動」「食事」です。

運動についてはイメージつくと思います。食事で一番影響を及ぼすのが、ドッグフードに含まれる炭水化物です。人間と同じです。

ここでポイントなのが、市販のペットフードには炭水化物の含有量を表記する義務がないということです。一度確認してほしいのですが、無配慮に配合されている可能性もあります。

ここでいう炭水化物は」「コーン」や「小麦」です。表記なしに配合されていて、目安として40~60%含まれているとされています。

これだけ含まれていたら愛犬も肥満になります。。。

実は犬には生肉がよく、嗜好性が高い肉ベースのドッグフードは食いつきもよくなり、消化吸収もいいのです。

また、市販のドッグフードには不要なビタミンや合成化合物も含まれるため、体にいいものは一つもありません。

あなたは、それでもこのようなドッグフードを選びますか?

価格の安さや、知識不足で安易に市販のドッグフードを買ったりはしていませんか?

もしかしたらそれが原因で愛犬の体調が悪化しているかもしれません。

また、今後それが原因で病気を引き起こす可能性も十分にあります。

価格というのは飼い主さんの都合です。残念なことに愛犬は自分で食べるものを選ぶことができません。

しっかりとした知識をつけて、愛犬の変化にもいち早く気づき対策してあげることが、飼い主さんの使命でもあります。

今話題沸騰のこだわり抜かれた「自然派わんこの厳選ごはん」をチェックしてみてください。

安心の国産無添加の厳選ドライフード

「特徴紹介」

・低アレルゲン設計

・国産無添加

・生肉50%使用

・低温・低圧による独自製法

・酸化ゼロフレッシュなバージンオイル使用

・乳酸菌×オリゴ糖で腸内環境改善

低アレルゲン設計で気になるアレルギーもクリアしており、国産無添加、生肉50%使用で健康面も考えられています。低温・低圧製法により、栄養素を最大限に活かしています。

酸化ゼロフレッシュなバージンオイルを使うことによって、保存料も不使用で作られています。腸内環境にも気を遣うことで、愛犬の免疫力向上にもつながるようにできています。

全てにおいて無駄がなく、ドッグフードからワンちゃんの健康をサポートすることができます。一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

ぜひ、チェックしてみてください!!!

以下に、ホームページに載せられていた購入者の感想があるので参考にしてみてください。

購入者様の感想

関節のクッショングルコサミンを配合

関節のクッショングルコサミンを配合


会社概要

特定商取引法に基づく表示

プライバシーポリシー